動物とふれあう仕事と資格ガイド

動物園飼育係の仕事ガイド

動物園飼育係の仕事

動物園で動物の世話をするのが動物園飼育係です。
一日のスケジュールは、朝一番に動物舎の掃除をします。その際にえさの食べ残しや糞の状態から健康状態をチェックします。動物によっては動物舎から運動場に移動をさせます。餌は、動物の習性により食べ方に違いがあるため、中身や量、与える時間などを調整して与えます。
そのほかにも来園者に動物の説明をしたり、動物園によってはショーを見せるところもあります。一日の終わりには、飼育日記に餌の量や体調の異常などを詳しく記録します。
また、希少動物を繁殖させて種の保存に努める研究にも関わっています。

動物の世話は数人で班を作り交代で勤務しますが、担当している動物が病気にかかったり、人工哺乳が必要な場合は、夜間や早朝でも働くことがあります。

動物園飼育係の仕事につくには

動物の生態や飼育、繁殖などの知識が必要になってくるので、高校の畜産学科、動物専門学校、大学の農学部の畜産系学科、理学部の動物学系学科などで学ぶのが一般的です。そして、動物が好きなことはもちろん、動物に対して深い愛情や観察力、注意力などが必要です。

公立の動物園に就職する場合は、自治体の公務員採用試験に合格しなければなりません。財団法人が管理運営を行っている都立動物園の場合には、公務員扱いにはならず、直接採用となる場合もあります。民間施設の動物園であれば、欠員が生じた場合など、不定期に求人募集をすることがあるので、直接動物園に問い合わせてみてもいいかも知れません。
全国的にどこの動物園も採用人数が少ないので、狭き門になっています。

動物園飼育係の活躍する場所

動物園には公営や民営があります。
一般的な動物園のほかにも、特定の動物だけを集めた動物園や、公園などの小動物園、サファリパークなどがあります。

 スポンサーリンク

動物と関わる仕事

犬と関わる仕事

動物に関わる資格

 スポンサーリンク

ページのトップへ戻る