動物とふれあう仕事と資格ガイド

獣医師の仕事ガイド

獣医師

獣医師の仕事は、動物の病気を治療することはもちろん、家畜の飼育管理や防疫、衛生管理や検査、研究開発などさまざまな種類があります。

獣医師の仕事の種類

臨床獣医師

【小動物臨床獣医師】
犬や猫などのペットの診療を行う獣医師です。
個人で動物病院を経営するか、または動物病院に勤務して診療します。
【産業動物獣医師】
牛や豚、馬などの産業動物の病気の予防や治療のほか、衛生管理指導を行う獣医師です。
個人で診療施設を開設する場合と、農業協同組合や農業共済組合などに勤務する場合があります。
【その他の臨床獣医師】
動物園や水族館に勤務し、そこの動物を対象とする獣医師です。
海獣医師:イルカやアザラシ、シャチなどの海獣(カイジュウ)の飼育、治療、繁殖を行います。

公務員としての獣医師

【農林水産分野】
  • 家畜の保健衛生業務や伝染病防疫、改良増殖などの仕事をします。
  • 動物検疫の仕事:動物を輸出入する場合に、臨床検査、血清学的検査、微生物検査などの検査を行います。
【公衆衛生分野】
人が口にする食品の安全性を検査します。
  • 食肉衛生検査所:安全な食肉を供給するために、生体検査や内臓検査などを行います。
  • 保健所:食品衛生監視・環境衛生監視・薬物監視などの業務を行います。
※獣医師になるには⇒獣医師の資格

 スポンサーリンク

動物と関わる仕事

犬と関わる仕事

動物に関わる資格

 スポンサーリンク

ページのトップへ戻る