動物とふれあう仕事と資格ガイド

獣医師の資格ガイド

獣医師の資格

獣医師になるには、全国にある獣医学を学べる大学に入学し、獣医師にとって必要な基礎、応用そして臨床に関する多様な科目を6年間の課程で修める必要があります。
獣医師となるためにはさらに、農林水産省が1年に1度行う獣医師国家試験を受験し、これに合格しなければなりません。
そして、農林水産省に獣医師免許の交付申請をして初めて獣医師免許証が交付され、資格を取得することができるのです。

獣医師国家試験

【受験資格】

  • 学校教育法に基づく大学(短期大学を除く)において獣医学の正規の課程(6年制)を修めて卒業した者
  • 外国の獣医学校を卒業し、又は外国で獣医師の免許を得た者であつて、獣医事審議会が前号に掲げる者と同等以上の学力及び技能を有すると認定したもの
  • 獣医師国家試験予備試験に合格した者
【試験日】 2月中旬(2日間)
【受験料】 13,900円
【試験場所】 北海道 東京 福岡
【試験内容】
 学説に関する試験、実地に関する試験ともに獣医学全般について出題する。
 必須問題50問、学説160問、実地120問(いずれも多岐選択、マークシート方式)

【問い合わせ先】 農林水産省 消費・安全局 畜水産安全管理課

獣医学科がある大学

  • 【国立】北海道大学、帯広畜産大学、岩手大学、東京大学、東京農工大学、岐阜大学 鳥取大学、山口大学、宮崎大学、鹿児島大学
  • 【公立】大阪府立大学
  • 【私立】酪農学園大学、北里大学、日本大学、日本獣医生命科学大学

 スポンサーリンク

動物と関わる仕事

犬と関わる仕事

動物に関わる資格

 スポンサーリンク

ページのトップへ戻る