動物とふれあう仕事と資格ガイド

動物トレーナーの仕事ガイド

動物トレーナーの仕事

動物トレーナー(アニマルトレーナー)は、動物ショーや映画、広告、テレビ番組などに出演する動物を飼育、調教するのが主な仕事です。
動物ショーを例にとると、ショーのための調教やエサや排便の世話、ショーで使う道具や衣装の製作などの仕事をします。
トレーナーは、動物の習性や生態などを理解して、動物との間に強い信頼関係を築くことが重要です。
動物相手の仕事は体力が必要となり、また勤務時間も不規則ですが、近年の人気もあり、ますます注目が高まっている職業といえます。

動物トレーナーの仕事につくには

特に資格や免許は必要ありませんが、専門学校などで動物飼育や訓練の専門知識を学んでおくと役に立ちます。
なお、公営の動物園での勤務を希望する場合は、自治体の職員採用試験に合格する必要があります。
働く場所は、動物園や水族館、動物プロダクション、ペットパークなどがあります。

この仕事は、動物への愛情はもちろん、観察力や根気強くトレーニングをする忍耐力が必要になってきます。

 スポンサーリンク

動物と関わる仕事

犬と関わる仕事

動物に関わる資格

 スポンサーリンク

ページのトップへ戻る