動物とふれあう仕事と資格ガイド

畜産技術者の仕事ガイド

畜産技術者の仕事

畜産技術者の仕事は、家畜の飼育方法や育種繁殖、飼養技術、飼料作物や畜産物生産技術を研究開発したり、経営方法を畜産家に対して指導、普及することです。
最近ではバイオテクノロジーの技術を使って、牛の体外受精や受精卵移植、クローン動物の研究、生産性の高い家畜の飼育研究などにも取り組んでいます。
畜産技術者の活躍の場も幅が広く、いろいろな企業において品質向上の役割を担っています。

畜産技術者になるには

畜産関係の知識として、高校の農業課程卒業以上のレベルが求められます。
教育機関には、大学の畜産学科や獣医学科、短大の酪農、畜産系学科などがあります。他には、農業系専門学校の畜産コースや高校の農業課程などがあります。

畜産技術者の仕事につくには

国公立の研究機関に勤務するには、専門課程の学校を卒業し、公務員試験に合格しなければなりません。そして、農林水産省や各都道府県の職員に採用されることが必要です。
また、乳製品などの食品メーカーや飼料メーカー、製薬会社などで技術社員として活躍することもできます。
家畜人工授精師や初生ヒナ鑑別師の資格を取得している場合は、独立して開業することもできます。

畜産技術者の活躍の場所

  • 家畜保健衛生所
    病気の発生を未然に防ぐため、血液検査や予防接種、伝染病の調査や対策方法の提供などを行います。
  • 畜産試験場  
    新しいワクチンの効果を調べたり、品種改良や作業環境の向上のための実験などを行います。
  • 畜産草地研究所など独立行政法人
  • 家畜改良センター
  • 飼料・食品・製薬会社などの研究所
  • 国公立の試験研究機関
  • 地域農業改良普及センター
  • 民間企業・・乳製品などの食品メーカーや飼料メーカー、製薬会社など

 スポンサーリンク

動物と関わる仕事

犬と関わる仕事

動物に関わる資格

 スポンサーリンク

ページのトップへ戻る