動物とふれあう仕事と資格ガイド

災害救助犬訓練士の仕事ガイド

災害救助犬訓練士の仕事

災害救助犬は、災害現場に出向き、するどい嗅覚を駆使して捜索を行います。
地震による家屋の倒壊や土砂崩れが発生した場合の捜索や、雪山での行方不明者の捜索、海や山での遭難の救助などにあたります。
災害救助犬の団体は、自治体や警察などと出動に関する協定を結んでいます。
災害時に協定を結んだ自治体などから要請を受け、被災地へ救助犬を出動させます。
しかし、協定を結んでいる自治体はそれほど多くはありません。結んでいないところでは、ボランティアとして活動することが多いようです。

災害救助犬訓練士になるには

災害救助犬訓練士になるためには、JKC公認災害救助犬育成訓練所に所属するのが一番の近道といえます。また、災害援助チームの一員として、ボランティアで参加することもできます。
訓練士になるためには、強い精神力と忍耐力が必要と言えます。

災害救助犬の育成

災害救助犬の育成は、全国各地の救助犬団体で行っています。

  • 社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)
  • 全国災害救助犬協会
  • NPO法人日本レスキュー協会

 スポンサーリンク

動物と関わる仕事

犬と関わる仕事

動物に関わる資格

 スポンサーリンク

ページのトップへ戻る