動物とふれあう仕事と資格ガイド

警察犬訓練士の仕事ガイド

警察犬訓練士の仕事

警察犬は「鼻の捜査官」といわれ、すぐれた嗅覚力をもっています。そして、その能力が事件解決に大きな役割を果たしています。その警察犬を育てるのが警察犬訓練士です。
警察犬には、直轄犬と嘱託犬があります。

【直轄犬】
警視庁や県警で管理、育成されている警察犬のことです。担当部署の警察官が訓練します。

【嘱託犬】
全体の9割近くがこの嘱託犬になります。 民間の訓練所に委託されて管理、育成される警察犬です。
嘱託警察犬は、各都道府県警察が毎年開催する審査会により選考され、任命を受けます。
普段は訓練所で管理されていて、犯罪捜査のために警察から要請があると、訓練士とともに出動します。

警察犬訓練士になるには

直轄警察犬の訓練士

警察官の採用試験に合格し、警察官にならなければなりません。
しかし、警察官になってもどの部署に配属されるかわかりません。 警察犬訓練士として配属されることは少ないといえるでしょう。
そのため、民間の嘱託警察犬の訓練士を目指す人が多くなっています。

嘱託警察犬の訓練士

民間の訓練所で3~4年間、指導を受ける必要があります。
特に資格は必要ありませんが、公認訓練士の資格を取得すると、実績の証明と信用を得ることができます。

【公認訓練士を認定している団体】
  • (社)ジャパンケネルクラブ(JKC)
  • (社)日本シェパード犬登録協会(JSV)
  • (社)日本警察犬協会(PD)

 スポンサーリンク

動物と関わる仕事

犬と関わる仕事

動物に関わる資格

 スポンサーリンク

ページのトップへ戻る