動物とふれあう仕事と資格ガイド

ペットシッターの仕事ガイド

ペットシッターの仕事

飼い主がペットの世話ができない時に、自宅に出張してペットの世話をするのがペットシッターです。
例えば、飼い主が旅行や出張などで留守にする時や、病気や怪我などでペットの世話ができない時などです。
ペットシッターで大事なことは、それぞれのペットの生活環境や生活空間、また性格を理解し、いつも通りの環境でいつも通りの生活ができるように、愛情をもって世話をすることです。

ペットシッターの仕事につくには

平成18年6月1日から「動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律」が施行されました。それに基づき、ペットシッターは「登録制」の職業(行政法上の許可)となります。ペットシッターは動物取扱業として、各地方自治体に登録したり、動物取扱責任者の選任をすることが必要となります。
ペットシッターの仕事をするには、動物取扱責任者としての知識及び技術を習得する必要があり、それを証明する民間資格として国や自治体が認定しているものは、次の5つの資格があります。

  • 愛玩動物飼養管理士 (社)日本愛玩動物協会
  • 公認訓練士 (社)日本警察犬協会
  • GCT 優良家庭犬普及協会
  • JAHA インストラクター (社)日本動物病院福祉協会
  • 家庭動物販売士 全国ペット小売業協会

上記の5つ以外の資格制度の多くは、動物取扱責任者として申請をする際には、効力が無いものとなります。
例えば、〇〇協会といった民間企業が認定資格を出していますが、それは全て知識を向上する為のものとなり、認定されても動物取扱責任者として登録することはできませんので注意しましょう。

 スポンサーリンク

動物と関わる仕事

犬と関わる仕事

動物に関わる資格

 スポンサーリンク

ページのトップへ戻る