動物とふれあう仕事と資格ガイド

厩務員の仕事ガイド

厩務員の仕事

厩務員(きゅうむいん)とは、調教師に雇われて、厩舎で働く従業員のことをいいます。調教師の指示を受けて、担当馬のすべての世話をします。仕事の内容は、馬の食事の世話や健康管理、馬を洗う、厩舎の清掃などです。
厩務員を経験した後、調教厩務員へ、そして調教助手、調教師へと成長していく人も多く見られます。

日本中央競馬会(JRA)の厩務員

栗東トレーニングセンター(滋賀県)、又は美浦トレーニングセンター(茨城県)に所属しています。通常は2頭の競走馬を担当し、その競走馬がレースに出る場合は、競馬場について行きます。

地方競馬全国協会(NAR)の厩務員

厩務員になるための資格はありませんが、豊富な経験や知識、技術が必要となります。 担当馬は3頭~5頭で、仕事の量や労働時間は中央競馬より多いのに対し、受け取る給与は必ずしも比例せず、安定していません。 それだけに所属を希望する雇用状況を、しっかりと判断することが必要です。

 スポンサーリンク

厩務員の仕事につくには

日本中央競馬会(JRA)の厩務員になるには

JRA中央競馬会競馬学校の厩務員課程を卒業し、日本調教師会が行う厩務員試験に合格しなければなりません。

【JRA競馬学校「厩務員課程」受験資格】
  • 中卒以上
  • 28歳未満
  • 体重60kg以下
  • 業務を行うのに著しい障害のない人
  • 6ヶ月以上の乗馬経験と牧場での競走馬・育成馬騎乗経験がある人、双方の合計で3年以上の経験が必要です。

※調教師推薦制度
(社)日本調教師会所属の調教師の推薦を得て応募できる制度です。応募資格及び試験内容は一般受験生と同じです。

地方競馬全国協会(NAR)の厩務員になるには

特に資格や試験は存在しません。厩舎を運営する調教師と雇用契約を結び、各競馬場の主催者の認定を受け採用となります。

 スポンサーリンク

動物と関わる仕事

犬と関わる仕事

動物に関わる資格

 スポンサーリンク

ページのトップへ戻る