動物とふれあう仕事と資格ガイド

JKC公認ハンドラーの資格ガイド

JKC(ジャパンケネルクラブ)公認ハンドラーの資格

JKC(ジャパンケネルクラブ)公認ハンドラーの資格は、C級、B級、A級、教士、師範の5段階があります。
資格を取得するには、JKCの会員になり、少なくても1年以上の会員暦がある人が試験にチャレンジすることになります。

JKC(ジャパンケネルクラブ)公認ハンドラーの資格試験

【受験資格】
  • C級:C級資格を取得してから2年後の年度内及びそれ以降を経過した方で、居住地を管轄するブロック協議会が受験資格を与えた者。
  • A級:B級を取得してから3年後の年度内及びそれ以降を経過した者で、居住地を管轄するブロック協議会が受験資格を与えた者。
  • 教士:年齢満30歳以上で、A級を取得してから5年以上経過し、居住地を管轄するブロック協議会が受験資格を与えた者。
  • 師範:年齢満55歳以上、教士経験10年以上で永年実務に携わり、指導的立場に従事している者で、中央ハンドリング委員会の推薦を経て、理事会の承認を得た者のみに与えられます。
【受験方法】 JKC公認ハンドラー資格取得試験は、全国各ブロックで毎年1回実施されます。

【受験料】各級共通5,000円

【問合せ先】
 社団法人ジャパンケネルクラブ事業部技術事業二課
 電話番号: 03-3251-1656

 スポンサーリンク

動物と関わる仕事

犬と関わる仕事

動物に関わる資格

 スポンサーリンク

ページのトップへ戻る