動物とふれあう仕事と資格ガイド

水産技術者の仕事ガイド

水産技術者の仕事

水産技術者とは、水産業に関するさまざまな研究開発に取り組むのが仕事で、漁業、養殖、水産加工の分野から成り立っています。
漁業の分野では、海や河川、湖沼の水産資源の管理や増養殖、環境を守るための調査や改善に関する研究を行います。 また、漁業環境の改善のための水産土木事業や漁業機器の開発、中小企業や開発途上国への技術指導なども行っています。  
養殖の分野では、水産資源を人為的に育てるための環境や技術の開発や、養殖技術の開発などを行っています。主に、水産試験場などで孵化や養殖などの新しい試みを行います。水産加工の分野では、水産物を効率的に加工、保存する仕事などを行います。

水産技術者になるには

水産業一般や専門知識が必要です。
高校の水産や生物、化学、食品などの課程を修了以上の専門知識が求められます。
一般的には、大学の水産関連学科である水産学部、海洋学部、農学部など、または、水産大学校、専門学校の水産学関連学科などに進学します。
独立行政法人や都道府県の関係試験研究機関へ就職する場合は、水産課程のある学校を卒業し、公務員試験に合格する必要があります。

水産技術者の活躍の場所

  • 水産総合研究センター
  • 水産試験場
  • 漁業協同組合
  • 魚類や真珠の養殖会社
  • 水産食品加工会社
  • 漁船・漁具などのメーカー
  • 海洋環境調査、水産土木関係など

 スポンサーリンク

動物と関わる仕事

犬と関わる仕事

動物に関わる資格

 スポンサーリンク

ページのトップへ戻る