動物とふれあう仕事と資格ガイド

イルカ調教師(ドルフィントレーナー)の仕事ガイド

イルカ調教師(ドルフィントレーナー)の仕事

イルカ調教師(ドルフィントレーナー)の仕事は、イルカの飼育と調教を行います。そして、水族館やマリンパークで行われるイルカのショーに出演して進行もつとめます。業務をこなすのはもちろん、エンターテインメント的な能力や技術も必要となってきます。
イルカ調教師の仕事はかなりハードのようです。
まず、エサの用意、イルカの健康チェック、プールの水温チェック、朝のミーティングなどがあり、1回目のイルカショーに移ります。ショーの合間にも訓練があります。最終のショーが終わると、ショーの後片付け、清掃、プールのチェック、エサの用意と給餌、夕方のミーティングなどがあります。

イルカ調教師(ドルフィントレーナー)の仕事につくには

特に資格は必要ありませんが、海洋系の学科のある専門学校などで学んでおくといいでしょう。  持っていると有利な資格には、獣医師、潜水士、学芸員、ダイビング関係などがあります。  実際の仕事は、就職してから学んでいくことがほとんどです。  水族館でイルカの調教師として募集することはないので、水族館の動物の飼育係やスタッフとして採用されます。  現在、水族館の採用枠を上回る就職希望者があり、採用されるのは難しくなってきているようです。

イルカ調教師に適した人

  • 健康で体力に自身がある
  • 水深5m以上のプールを素潜りできる
  • 視力がいい
  • 動物が好き
  • 協調性がある
  • 研究心と観察力がある
  • 根気がある

 スポンサーリンク

動物と関わる仕事

犬と関わる仕事

動物に関わる資格

 スポンサーリンク

ページのトップへ戻る