動物とふれあう仕事と資格ガイド

家庭犬トレーナーの仕事ガイド

家庭犬トレーナーの仕事

ドッグトレーナーには、特定の役に立つ犬を育てる、「警察犬訓練士」「盲導犬訓練士」などがありますが、ここでは、「家庭犬トレーナー」についてお話します。
「家庭犬トレーナー」は他にも、家庭犬訓練士、ドッグインストラクター、犬のしつけアドバイザー、家庭犬しつけトレーナーなどとも呼ばれています。

犬と人間が楽しく快適に暮らすために、マナーやルールを教え、しつけるのが「家庭犬トレーナー」の仕事です。犬に対してだけでなく、飼い主にも犬との接し方などについてのアドバイスを行います。
しつけは、問題行動が出てから改善するのは困難な場合もあるので、子犬の頃からきちんとすることが最も大切です。

ペット飼育人口の増加に伴い、ペットの適正な飼育ルールの確立を求める声が高まってきているため、家庭犬トレーニングの必要性が問われるようになってきています。

 スポンサーリンク

家庭犬トレーナーになるには

家庭犬トレーナーになるための必要な資格はありません。認定資格は、ドッグトレーナー関係の協会が出しています。

犬の訓練所や訓練士学校、ドッグトレーナーの専門学校などで、犬に関する知識やしつけの技術を学びます。
その後は、ペットショップや動物病院、犬のしつけ教室に就職したり、独立開業する人もいます。ペットショップでは、販売前の子犬の飼育やしつけを担当するようです。
いずれにしても、技術・能力を常に磨いて経験を積んでいって、飼い主に信頼されるようになることが大事です。

家庭犬トレーナーになるために持っていると有利な資格

  • 日本警察犬協会公認訓練士
  • JCK公認訓練士(ジャパンケネルクラブ)
  • JAHA認定インストラクター(日本動物病院福祉協会)
  • 愛玩動物飼養管理士(日本愛玩動物協会)
  • GCT(優良家庭犬普及協会)

 スポンサーリンク

動物と関わる仕事

犬と関わる仕事

動物に関わる資格

 スポンサーリンク

ページのトップへ戻る