動物とふれあう仕事と資格ガイド

ブリーダーの仕事ガイド

ブリーダーの仕事

ブリーダーとは、血統書を持つ優秀な犬や猫を計画的に繁殖させる仕事です。
次世代にも、その理想的な形態や性能などの遺伝的性質が引き継ぐことを目的として繁殖をしていきます。
繁殖(ブリーディング)を行うには、血統や健康状態、性質を見極め、遺伝的疾患が 出ないような交配相手を見つけ出す能力と経験が必要とされます。そして、自分が 繁殖させて生まれた子犬や子猫に責任を持ち、譲渡後にもその子の健康や成長 にも気を配ります。しつけや問題行動に対してもアドバイスを行います。
また、ショーやコンテストでチャンピオンなどの好成績を残すことで、ブリーダーとしての良い評価を得ることができ、収入にもつながっていきます。

ブリーダーになるには

特に資格は必要ありませんが、動物関連の専門学校などで知識や技術を習得し 、ペットショップやブリーダーのもとで修行し経験を積んでいくのがいいでしょう。
なお、平成18年6月1日施行の動物愛護管理法により、今後新たに動物取扱業を開業する方は、都道府県知事等に「動物取扱業」の登録申請を行わなければなりません。

 スポンサーリンク

動物と関わる仕事

犬と関わる仕事

動物に関わる資格

 スポンサーリンク

ページのトップへ戻る