動物とふれあう仕事と資格ガイド

水族館飼育係の仕事ガイド

水族館飼育係の仕事

水族館で、魚類や海獣類などの水生生物が、健康に生きられるように飼育管理をするのが水族館飼育係の仕事です。
水生生物にとって水槽内の水質は最も重要な要素です。水質管理は、ろ過槽や水温を調節する熱交換機、さらに循環システムの設備装置によって行われるが、それらが適切に作動しているかどうかの点検や確認をしなければなりません。また、水槽内は常に清潔になるように清掃します。

餌に関しては、生物の異なる食性に合わせた餌を調理準備し、給餌はそれぞれに行きわたるようにしなければなりません。残り餌は水質悪化につながるので、注意が必要です。
また、常に生物の状態を観察し、病気の兆候や産卵行動などにも注意をすることが大切です。        

水族館飼育係になるには

高校や大学の生物・水産系学部などで、水産生物学、水質学、養殖学、魚病学などを学んでいると有利です。
公立の水族館が新規採用する場合は、自治体が行う一般採用試験か、水族館を所轄する部局による独自の試験とがあります。
水族館飼育係の採用試験には多くの応募があり、競争率は高くなっています。

水族館飼育係に関連する資格

  • 飼育技師
  • 学芸員
  • 潜水士
  • 獣医師

 スポンサーリンク

動物と関わる仕事

犬と関わる仕事

動物に関わる資格

 スポンサーリンク

ページのトップへ戻る