動物とふれあう仕事と資格ガイド

動物介在療法士の仕事ガイド

動物介在療法士(アニマルセラピー)の仕事

アニマルセラピーといわれているものには、アニマル・アシステッド・セラピー(動物介在療法)、アニマル・アシステッド・アクティビティー(動物介在活動)、アニマル・アシステッド・エデュケーション(動物介在教育)があります。
本来のセラピーとは「治療・療法」という意味で、アニマル・アシステッド・セラピー(動物介在療法)であり、世界的にもこの言葉が使われています。

アニマル・アシステッド・セラピー(動物介在療法)

この動物介護療法とは、動物を人間の医療の一部に参加させ、活用するということです。
詳しく言うと、医師や看護士、作業療法士、理学療法士などの専門家の協力により訓練された動物(犬、馬、イルカなど)を介在させ、実施、そして評価を行う医療行為です。 動物介在療法により、落ち込んだ人間の気持ちを癒やしたり、運動をして体力を回復させたりします。
最近では、イルカ療法といって、イルカと一緒に泳ぐことである種の心の病の治療を行う療法や、馬に乗る乗馬療法も知られています。

アニマル・アシステッド・アクティビティー(動物介在活動)

ただ単に人と動物が表面的に触れ合い、セラピー効果を期待する活動です。
動物介在活動は、レクリエーションとして動物と触れ合い、対象となる人の情緒的な安定や生活の向上、教育などを目的に行われています。 医療の専門家が指導しているものではなく、ボランティア活動として行われることが多いようです。

アニマル・アシステッド・エデュケーション(動物介在教育)

小学校などに動物と訪問し、子どもたちに動物との正しいふれあい方や、命の大切さなどを教える活動です。

 スポンサーリンク

動物介在療法士の仕事につくには

日本ではアニマルセラピーの仕事をする人のことを「動物介在療法士」「動物介在福祉士」「アニマルセラピスト」「アニマルセラピー・コーディネーター」「アニマルセラピー・インストラクター」などと呼んでいます。
アニマルセラピーの仕事につくには、特に資格は必要ありません。
民間の専門学校で、アニマルセラピーに関する知識や技術を習得し、動物の飼育や看護、また高齢者や障害者の知識や技術を身につけます。
まだ職業として確立していませんので、ボランティア活動が中心になりますが、今後は需要が増加すると考えられます。

動物と関わる仕事

犬と関わる仕事

動物に関わる資格

 スポンサーリンク

ページのトップへ戻る