動物とふれあう仕事と資格ガイド

動物看護師の仕事ガイド

動物看護師の仕事

動物看護の仕事は、動物病院などに勤務し、獣医さんのサポートや外来の受付、入院動物の世話や健康管理などがあり、動物医療には欠かせない存在となります。
なお、動物の採血や投薬、麻酔、レントゲン撮影などの診療行為は獣医の独占業務であり、動物看護師が行うことはできません。

診療室での仕事

獣医さんの診療がスムーズにいくように、動物を保定してあばれないようにすることが仕事です。動物をなだめて安心感を与え、治療を受けやすいようにします。

手術時の仕事

手術の時には、医療器具や薬品を準備し、また手術後は器具の消毒などをします。

入院動物の世話

入院中の動物の看護や介護、栄養管理などをします。

事務の仕事

受付やカルテの管理、掃除や洗濯などの事務の仕事をやる場合もあります。

 スポンサーリンク

動物看護師になるには

動物看護師になるには、養成スクールで学んで就職するか、動物病院などで勤めながら学んでいく方法があります。 現在は養成スクールで学ぶ人が多くなっています。
なお、養成スクールはすべて民間の教育機関となっています。
動物看護師を一生の仕事としてやっていくなら、資格を取得しておいたほうがいいかもしれません。
詳しくは⇒動物看護師の資格

養成スクール

【入学について】
  • 入学資格:高卒または高卒程度
  • 選考方法:書類のみか書類と面接がほとんどです。筆記試験や作文があるところもあります。
  • 修業期間:主に2年全日制です。3年制で総合的に学ぶスクールもあります。
【修業内容】
  • 動物看護実習
  • 生物学実習
  • 病院での実習
  • 解剖・生理学・犬学
  • 病院管理

動物看護師の活躍分野

動物病院、ペットショップ、ペット美容院、ペットホテル、動物愛護団体、動物医薬品会社、ペットフード会社、実験動物施設、動物臨床検査機関、動物園など

 スポンサーリンク

動物と関わる仕事

犬と関わる仕事

動物に関わる資格

 スポンサーリンク

ページのトップへ戻る