動物とふれあう仕事と資格ガイド

動物カメラマンの仕事ガイド

動物カメラマンの仕事

動物カメラマンとは、動物を専門に撮るカメラマンのことです。
犬や猫を専門に撮ったり、野生動物を撮るカメラマンなど様々です。
動物カメラマンの仕事は、動物の生態や性質を理解し、撮影に関するカメラやレンズ、照明などの知識や技術が必要です。
また、動物は気まぐれで、カメラマンの思う通りには動いてくれません。動物の一瞬のチャンスを逃さないで撮れるかどうか、カメラマンの腕にかかってきます。 それだけに、観察眼や忍耐力も必要になってきます。

動物カメラマンになるには

動物カメラマンになるには、特に資格は必要ありませんが、カメラに関する知識や撮影技術は必要です。また、被写体である動物の生態や性質を知る必要があります。

カメラに関しては専門学校や養成所で学び、その後はプロのカメラマンのアシスタントになり、現場で経験をつんで知識や技術を身につけていく方法がいいでしょう。

 スポンサーリンク

動物と関わる仕事

犬と関わる仕事

動物に関わる資格

 スポンサーリンク

ページのトップへ戻る