動物とふれあう仕事と資格ガイド

ペットケアアドバイザーの仕事ガイド

ペットケアアドバイザーの仕事

ペットケアアドバイザーとは、動物の愛護や適正な飼養管理についての知識・技能を持ち、その普及や指導を行います。
動物の正しい飼い方や動物に関する法律や条令も知っていなければなりません。 

ペットケアアドバイザーの仕事につくには

ペットケアアドバイザーの仕事につくには、「愛玩動物飼養管理士」 という民間の資格を取得することです。
愛玩動物飼養管理士とは、昭和56年(1981年)に社団法人日本愛玩動物協会が認定を始めた、愛玩動物(ペット)の民間資格です。 動物病院やペットショップ、ペットホテル、ブリーダーなど、ペット業界では取得していると役に立つ資格です。
ペットショップなどでは、愛玩動物飼養管理士がいると、1級資格表示用のシールが貼られています。 それ以外にも、しつけ教室のスタッフ、犬猫の保護や里親活動、動物愛護教室、動物関連の催し物のお手伝いなど幅広い分野で活かされます。

愛玩動物飼養管理士の資格をとるには

社団法人日本愛玩動物協会が主催している通信教育を終了し、年一回の試験に合格したものが資格を取得できます。
教育課程は、愛玩動物飼養管理士養成制度を採用している動物専門学校やトリミングスクールなどでも受講できます。 教育内容は、動物関連法令、動物愛護史、動物の飼養方法や栄養管理、動物の生体、動物のしつけなど様々な分野にわたっています。
詳しくは愛玩動物飼養管理士の資格 のページをご覧下さい。

スポンサーリンク

動物と関わる仕事

犬と関わる仕事

動物に関わる資格

 スポンサーリンク

ページのトップへ戻る